入会案内

入会案内

入会案内
栄養士・管理栄養士として仕事をしていく上で必要なことは、新しい情報、良き指導者、そして語り合える仲間。あなたも、栄養士免許有資格者のための山梨県唯一の団体である「公益社団法人 山梨県栄養士会」へ入会して、プロの仲間入りをしましょう。

入会のご案内

益社団法人山梨県栄養士会は、栄養士・管理栄養士のための職能団体です。栄養士・管理栄養士として働いている方はもちろんですが、栄養士・管理栄養士の免許を持っておられる方は、ぜひご入会されることをお勧めします。日々進歩する健康・病態・栄養情報の正しい知識を得るための研修会の情報提供や栄養士・管理栄養士の先輩や仲間との交流の機会を得る場にもなります。栄養士・管理栄養士の有資格者として資質向上に努めるため、公益社団法人山梨県栄養士会へのご入会をお待ちしております。

入会のメリット

入会のメリットについては日本栄養士会ホームページの情報も参考にしてください。
入会案内(日本栄養士会ホームページ)

公益社団法人日本栄養士会より、「日本栄養士会雑誌」が毎月送付されます。

最新の栄養情報、日本栄養士会の動向、各種研修会のご案内、全国の管理栄養士・栄養士の最新業務の紹介、国民の健康状態等いろいろな情報が得られます。
「日本栄養士会雑誌」について(日本栄養士会ホームページ)

本会より、機関誌「栄養やまなし」が送られます。

本会の事業や活動状況を中心に、会員・保健所単位支部・職域部会の活動状況や県民の栄養に関する話題などを知ることが出来ます。
「機関紙『栄養やまなし』」へ

本会が主催する研修会・研究発表会等に参加できます。

  • 生涯教育研修会:県民の健康や管理栄養士・栄養士にとって今最も必要な最新情報が得られます。
    生涯教育研修会
  • 栄養学術研究会:日常業務で得られた調査研究の発表の機会で、お互いのスキルアップを図ります。
    栄養学術研修会
  • 保健所単位支部別研修会:保健所管内の職域を超えた研修会や仲間づくりもできます。
    支部活動報告
  • 職域事業部別研修会:7つの職域ごとに開催され、職域特有のテーマの研修会の開催や仲間との交流があります。
    職域事業部活動報告

公益社団法人日本栄養士会等が主催する研修会等に会員価格で参加できます。

日本栄養改善学会や管理栄養士受験準備講習会、7つの職域別全国研修会、その他テーマ別各種研修会等、様々な学会や研修会が開催されています。

会員同士や同一職種の仲間からのアドバイスが得られます。

一施設に1人という職場が少なくない栄養士・管理栄養士の皆さんが、日常の栄養業務についての疑問を、職域の仲間達で組織している職域部会で、相談したりアドバイスを受けたりすることの出来る交流や仲間づくりの場がたくさんあります。本会事務局でもベテラン会員が親切に相談に応じています。お気軽にご相談ください。

栄養指導に必要な資料やパンフレット等が送られてきます。

紙媒体の資料だけでなく、会員は日本栄養士会ホームページから資料をPDF形式でダウンロードすることもできます。
指導媒体(日本栄養士会ホームページ)

万が一の事故に備えて、最大1億円の栄養士賠償責任保険に加入ができます。

保健、福祉、医療などの専門職として、日々の業務には、重い責任が伴う場合があります。万が一に備えて、入会と同時に、栄養士賠償責任保険への加入を代行します。(補償額は1事故あたり1億円まで、希望者には3億円まで上乗せ補償)

管理栄養士・栄養士の方の就職・転職をサポート!

山梨県栄養士会では、企業・団体の求人情報を紹介しております。詳細については直接お問い合わせください。会員同士の交流から、求人情報を得られることもあります。

入会の手続き

1.「正会員入会申込書」の提出

以下の1. または2. の方法で「正会員入会申込書」を取得し、必要事項を記入の上、FAXまたは郵送にて、山梨県栄養士会 事務所にお送りください。メールの場合は、必要事項を記載した書面をスキャンした後、PDF形式または画像形式(JPGなど)に変換して送付してください。

  1. 本ウェブサイトから正会員入会申込書【PDF】をダウンロードして印刷する。
  2. 本会事務局に電話をいただくと、入会について詳しくご案内させていただくと同時に 「正会員入会申込書」をお送りいたします。
  • 住所:〒400-0805 山梨県甲府市酒折一丁目1-11 JR酒折駅前 日星ビル4階 公益社団法人 山梨県栄養士会
  • 055-222-8593(FAX共通)
    受付時間:平日(月~金曜日) 午前9時00分~午後4時00分
  • yamaei@sky.plala.or.jp
上記以外に、以下のページから手続きすることもできます。

WEB入会申込み(日本栄養士会ホームページ)

2.会費の納入方法

下記の会費を「山梨中央銀行本店・支店」、または「ゆうちょ銀行」から、下記の口座にご送金ください。なお、若干の送金手数料がかかります。

栄養士会費(日本栄養士会費、山梨県栄養士会費、入会金[初回のみ])
  • 山梨中央銀行 甲府駅前支店 普通 287296 公益社団法人 山梨栄養士会
  • ゆうちょ銀行 口座 10890-11752671 公益社団法人 山梨県栄養士会
連盟会費(日本栄養士連盟会費)
  • 山梨中央銀行 甲府駅前支店 普通 300552 日本栄養士連盟 山梨県支部
  • ゆうちょ銀行 口座 10840-15941581 日本栄養士連盟 山梨県支部

入会の次年度からの年会費は、自動引落手続きをお取りください。手続き方法は下記の「次年度からの会費納入について」を参照してください。

会費

会費は年会費(4月1日から翌年の3月31日までの1年間)になっています。年度途中でも、いつでも入会できます。

会費内訳

  • 栄養士会費(15,000円):日本栄養士会費(6,500円)、山梨県栄養士会費(7,500円)、入会金(1,000円[入会時のみ])
  • 連盟会費(2,000円)
  • 合計:17,000円(次年度より、16,000円)

次年度からの会費納入について

  1. 会員資格の有効期限は1年間です。毎年4月1日に更新しますので、毎年度3月31日までにご納入ください。機関誌「栄養やまなし」(新年号)でお知らせいたします。
  2. 会費は上記の「山梨中央銀行甲府駅前支店」または「ゆうちょ銀行」の各口座にお振り込みください。なお、次年度からの年会費は、自動引き落としの手続きをお取りいただき、ご納入くださいますようお願いします。
  3. 会費の自動引き落とし手続きは、「山梨中央銀行」本店・各支店または各「ゆうちょ銀行」に各会員が出向いて行ってください。(通帳と届出の印鑑を持参してください。)
    引き落とし先は、上記 「2.会費の納入方法」にある、栄養士会費及び連盟会費のそれぞれの口座です。毎年4月10日に自動引落としを行いますので、手続きは1月までに行ってください。それ以降の月に手続しても、次年度の会費の自動引き落としはできません。