山梨県栄養士会 公式Instagramはじめました!

災害支援の取組

山梨県栄養士会では「JDA-DAT(日本栄養士会災害支援チーム)山梨」を組織して、日本栄養士会と連携しながら災害支援活動とスタッフ育成を継続的に行っています。このページでは、JDA-DATの取組やスタッフ育成研修会等の情報を掲載しています。

JDA-DAT(日本栄養士会災害支援チーム)とは

日本大震災をきっかけに、大規模自然災害発生時に迅速に被災地での栄養・食生活支援活動を行うために、2012年に「日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)」が設立されました。「JDA-DAT」は「The Japan Dieteic Assisociation-Disaster Assistance Team」の略称で、国内外で大規模災害が発生した地域において、避難所、施設、自宅、仮設住宅等で被災者(要配慮者)に対する栄養・食生活に関する支援活動ができる専門的なトレーニングを受けた栄養支援チームです。災害時には、管理栄養士・栄養士の視点から、多職種の方々と連携しながら支援活動を行います。その他JDA-DATの詳細については、以下の日本栄養士会Webサイトをご参照ください。

公益社団法人 日本栄養士会
日本栄養士会は、管理栄養士・栄養士により組織された職能団体です。都道府県栄養士会と連携・協力して、食の営みのよろこびの中、自己実現を求め、健やかによりよくともに生きるという人びとの願いに応えることを目的に活動しています。

支援活動の様子

支援活動の例(DMATの先生方や地元のJDA-DATメンバーとの打ち合わせ、特殊栄養食品ステーションの設置、食品の仕分け、避難所における聞き取りなど)

災害支援活動に係る情報や資料・様式等の関連リンク

【JDA-DAT】災害支援活動に係る情報や資料・様式等の関連リンク | お知らせ | 公益社団法人 日本栄養士会
公的機関の情報を中心に、JDA-DATの活動に係る情報や資料・様式等をご紹介しま...

JDA-DATメンバーになるには

日本栄養士会では、JDA-DATリーダー1,000名の育成、JDA-DATスタッフ4,000名の養成を目指して、メンバーを募集しています。JDA-DATは、各都道府県栄養士会が育成する「JDA-DATスタッフ」と、日本栄養士会が育成する「JDA-DATリーダー」で構成されます。JDA-DATのメンバーを目指すには、各都道府県栄養士会が開催する「スタッフ養成研修(18時間、内6時間は訓練・演習研修)」を修了する必要があります。JDA-DATスタッフとして登録後も、「教育研修6時間(内3時間は訓練・演習研修)」を継続的に受講し、知識の研鑽に努めます。
 JDA-DATスタッフは、3日間のリーダー育成研修を修了することで、JDA-DATリーダーになることができます。しかしながら、この研修を受講するには「都道府県栄養士会会長の推薦」が必要となります。

全国のJDA-DATメンバー数(2021年3月末現在)
 JDA-DATリーダー 831名、JDA-DATスタッフ 2,917名

その他JDA-DATスタッフ養成研修・教育研修の詳細については、以下の日本栄養士会Webサイトをご参照ください。

公益社団法人 日本栄養士会
日本栄養士会は、管理栄養士・栄養士により組織された職能団体です。都道府県栄養士会と連携・協力して、食の営みのよろこびの中、自己実現を求め、健やかによりよくともに生きるという人びとの願いに応えることを目的に活動しています。

山梨県栄養士会(JDA-DAT 山梨)の取組

スタッフ育成について

私たち公益社団法人山梨県栄養士会では、JDA-DATスタッフの養成を継続的に行っています。以下に山梨県内のJDA-DATメンバー数とリーダー分布図を示しました。

山梨県栄養士会に所属するJDA-DATメンバー数(2021年3月末現在)
 JDA-DATリーダー 17名、JDA-DATスタッフ 36名

2021年度開催予定の研修会情報

本会の災害支援活動派遣者

 2016年(平成28年) 熊本地震 1名(現地副リーダー)
 2015年(平成27年) 関東・東北豪雨災害 1名(先遣隊)
 2011年(平成23年) 東日本大震災 3名

問い合わせ先

山梨県栄養士会

TEL: 055-222-8593(FAX共通)
受付時間:平日(月~金曜日)9時00分~16時00分
お問い合わせフォーム

日本栄養士会

TEL: 03-5425-6555
お問い合わせフォーム(JDA-DAT担当)

タイトルとURLをコピーしました