「平成30年度 歯科保健関係指導者講習会」開催のお知らせ(終了)

「平成30年度 歯科保健関係指導者講習会」開催のお知らせ(終了

講習会について

  • 概 要
    県の歯科健康診断の結果、う蝕罹患率の高さは年々減少しているが、1歳6か月児からすでに全国平均より高くなっている。この状態は、3歳児、小・中・高校生と乳歯から永久歯になっても、さらには大人になっても継続している。
     歯と口の健康づくりは毎日の生活習慣が基本である。学校における歯科保健教育では「『生きる力』を育む学校での歯・口の健康づくり」を掲げている。学齢期は保護者が歯の健康管理中心の乳幼児期から、自分の歯と口の健康を、大人になっても自分自身で守り育てられるように自立する重要な「移行期」である。
     そこで、本県の歯科保健の現状を知り、将来の8020に繋がる健康習慣を身につける必要がある。今回、歯科保健の向上を目的に、「子供のう蝕・歯肉炎対策」をテーマに講習会を開催する。
  • 実施主体 山梨県
  • 対 象 歯科医師、歯科衛生士、保健師、看護師、養護教諭、保育士、栄養士、保健所・市町村歯科保健担当者 等
  • 日 時 平成30年8月1日(水)14:00~16:00(受付13:30~)
  • 場 所 山梨県立文学館 講堂(山梨県甲府市貢川1-5-35) 055-235-8080
  • 内 容
     演題:「つなげよう!8020達成へ!! ~子供の虫歯と歯肉炎の予防~」
     講師:富士見歯科医院 小児歯科 一瀬佳世子 氏
  • 申 込 山梨県栄養士会にて、山梨県口腔保健支援センターに一括して申し込みます。そのため、件名「歯科保健関係指導者講習会受講希望」と明記の上、氏名(ふりがな)・職域(栄養士、保健師など)を記入し、本会事務局にFAXまたはメールにて、7月12日までにお申込下さい。
    055-222-8593(FAX共通) [email protected]

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました