栄養ケア・ステーション

これからは従来の栄養指導の技術だけでなく、地域住民の方々が自分自身で生活習慣における問題点に気付いて、健康的な生き方を導き出せるような地域に根付いた栄養支援が必要と考えました。生活習慣病予防、介護予防の視点からも、管理栄養士、栄養士は食生活指導に関する専門的知識および技術を有する者として、栄養と食育の支援を推進していく必要があります。
 平成20年4月から特定健診・保健指導制度がスタートし、この特定健診で生活習慣の改善が必要と判断された全ての方に対して特定保健指導が行われることとなりました。管理栄養士も指導の計画作成・評価を担います。
 さて、健康維持増進を考えたとき、生活習慣の改善が必要と判定されるよりも前に相談できる場所が必要です。また、地域全体で健康増進を推進するには栄養や食育に関わる研修会・講演会の開催や地元の健康関連団体や企業の協力も必要となってきます。このような必要性から栄養ケア・ステーションは生まれました。

 

現在実施している事業

(1)主に健康・栄養関連の支援・指導、情報収集および提供に関するもの

○特定保健指導事業
○高血圧・糖尿病・肥満などの食事相談(個別・グループ・集団)
○児童館・事業所などへ出向いての栄養相談・栄養講話・食育活動
○電話によるなんでも栄養相談
○医院と連携した栄養相談、退院した後の在宅・通院者向け健康・栄養相談、食事療法、指導等
○保健所および保健センター、包括支援センター等の地方自治体に対する保健指導事業等への人材提供等
○ホームページによる情報提供
○ショッピングセンター内での食生活相談
○生活習慣病関連料理講習会の開催およびメニュー相談

(2)主に人材等に関するもの

○企業健保組合や国保との連携による特定保健指導のための人材紹介
○食育ボランティア学生等への支援
○医院と連携した栄養相談、退院した後の通院者向け健康・栄養相談、食事療法、指導等
○福祉施設、介護施設、在宅訪問栄養士の支援
○企業、給食施設、外食産業、診療所、薬局等の栄養士支援
○フィットネス・スポーツ施設、スポーツ団体への健康・栄養相談
○食育および健康関連セミナー、健康・栄養相談、野外活動施設、料理教室等に関する講師および企画提案

(3)主に研修会、講習会、セミナー等の企画・運営等に関するものの

○県民を対象とした講演会
○健康関連イベント、講習会、セミナー

 

栄養ケア・ステーションが今後目指しているサービス

(1)主に人材等に関するもの

○ITおよび電話等を活用した住民の自己管理サポート事業

2)主に研修会、講習会、セミナー等の企画・運営等に関するものの

○民間と連携した人材育成事業

(3)主に健康・栄養関連の情報収集および提供に関するもの

○事業者(コンビニ、レストラン等)向けヘルシーメニュー・献立開発
○住民への食料品関連情報の収集および情報提供サービス             
○保健センター、医療機関、福祉施設等への機能性食品関連情報の提供
○健康・栄養関連のパンフレット、リーフレット企画・制作